ガイドの新機能

最終更新日:

これらのリリースノートには、ガイドの変更点のうち、発生したときに影響を受ける変更点のリストが記載されているので、関連ドキュメントを読む前に、重要な変更点についてすぐに知ることができます。

2024年4月

ガイドの作成にAIを活用

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)では、AIを活用してガイドの口調を整えたり、正確で完全なガイドに仕上げたりしながら、ガイドコンポーネントを生成し、構築することができます。このAI機能では、ガイド名、および関連付けられているアプリをプロンプトとして使用するほか、ガイドの最大ステップ数、ガイドの目標または目的、ガイドの口調など、作成者が提供するその他の情報も使用します。詳細については、 AIを活用したガイドの作成を参照してください。

2024年2月

グローバルCSSの編集

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でグローバルCSSを編集することで、ガイドやリソースセンターのスタイルをカスタマイズできます。これは、アプリケーションレベルで行われます。詳しくは、ビジュアルデザインスタジオでグローバルCSSを編集するを参照してください。

2024年1月

[ガイドを起動(Launch Guide)]での開始ステップの指定

ボタンアクション[ガイドを起動]を使用するときに、どのステップを起動するかを指定できます。これにより、ガイド作成者はエンドユーザーをどのように導くかをより詳細に制御できるようになり、またガイドを複製する必要がなくなります。詳しくは、ガイドボタンアクションガイドの起動セクションを参照してください。

レスポンシブなガイド

レスポンシブなガイドを設計できるようになりました。ブラウザウィンドウでガイドを表示すると、表示されるデバイスの画面に合わせてレイアウトが調整されます。ガイドに流動的な幅を定義し、デバイスの画面比率を模倣したブラウザウィンドウでガイドをプレビューできます。詳細については、レスポンシブなガイドを作成するを参照してください。

2023年12月

NPSインサイトのAIアクティビティログ

AIアクティビティログのテーマに応答を再割り当てできるようになりました。NPSのテーマとインサイトを管理するの中の、AIアクティビティメッセージを表示するセクションを参照してください。

2023年11月

既存のフィーチャーへのガイドの紐づけ

既存のタグ付けされたフィーチャーにガイドを紐づけられるようになりました。ページに変更を加えた場合でも、タグ付けされたフィーチャーがページに残るため、ガイドとバッジの配置がより安定します。詳細については、ビジュアルデザインスタジオを使用するガイドコンテナセクションを参照してください。

2023年10月

ガイドのライティングアシスタント

ガイドのライティングアシスタント機能は、Pendo AIを活用して、ガイドの作成中にビジュアルデザインスタジオでガイドのテキストコンテンツを要約・拡張・改善します。スペル、文法、句読点の誤りをチェックし、トーンの検出を行い、AIを活用して語彙を増やします。詳細については、ビルディングブロックを使用してガイドコンテンツを追加するビルディングブロックの種類セクションを参照してください。

NPSインサイト(オープンベータ版)

NPSインサイトでは、Pendo AIを使用してNPSテーマを自動的に生成し、テーマに回答を割り当てます。600件以上の英語のテキスト回答を得たアクティブなNPS調査が少なくとも1件ある場合、テーマは自動的に生成され、割り当てられます。詳細については、NPSインサイトを参照してください。

NPSインサイト - テーマの回答のサマリー自動生成(オープンベータ版)

NPSインサイトでは、Open AIを使用してテーマのサマリーを自動的に生成できるようになりました。この言語モデルは、選択したフィルターと応答の時間枠のサマリーに基づきます。テーマのサマリーは、アクティブなNPS調査が少なくとも1件ある場合に生成されます。詳細については、NPSインサイトテーマの回答のサマリーを表示するセクションを参照してください。

NPSインサイト - テーマのタイトルの自動拡張(オープンベータ版)

NPSインサイトでは、Google Generative AIを使用して、新しく生成されたテーマのタイトルを自動的に拡張できるようになりました。詳細については、NPSインサイトを参照してください。

2023年9月

NPSインサイト - AIアクティビティメッセージ

AIアクティビティメッセージを使用すると、Pendo AIが行動からどのように学習し、回答のテーマの割り当てや再割り当てを行っているかを確認できます。詳細については、NPSインサイトAIアクティビティメッセージを表示するセクションを参照してください。

NPSテーマ - 回答へのテーマの一括割り当てと一括削除

回答テーブルで、複数の回答へのテーマの一括割り当ておよび一括削除ができるようになりました。詳細については、NPSテーマまたはNPSインサイトを参照してください。

2023年8月

Microsoft Stream(Sharepoint)による動画形式のサポート

Pendoでは、動画形式としてMicrosoft Stream(Sharepoint)をサポートするようになりました。詳細については、ビルディングブロックを使用してガイドコンテンツを追加するの動画セクションを参照してください。

ガイドの閲覧に関する時間ベースのセグメントルール

訪問者が特定のガイドを閲覧したタイミングに基づき、セグメントルールを作成できるようになりました。これまでの選択肢は、[閲覧済み(Viewed)][過去すべて(ever)]の組み合わせか、[閲覧なし(Not Viewed)][過去すべて(ever)]の組み合わせだけでした。しかし今後は、[最終閲覧日(Last Viewed)]を選択することも、[以降(since)][以前(before)][直近(within last)][次の直近日数以外(not within last)][次の期間(between)]などの条件と、特定の日付や日数を組み合わせて指定することもできます。さらに、[閲覧済み]では、[最小(at least)][最大(at most)] を選択して、訪問者がガイドを閲覧した最小回数や最大回数を指定できるようになりました。セグメントルールの詳細については、セグメントを参照してください。

2023年7月

NPSテーマの回答へのクイックアクセス

このフィーチャーが更新され、機能が追加されました。テーマ内の回答にアクセスすると、回答の並び替えやフィルタリング、テーマ名の編集、回答のテーマの再割り当てまたは割り当て解除ができるようになりました。詳細については、NPSテーマを参照してください。

リソースセンターで右から左に読む言語に対応

右から左に読む言語(RTL)の使用がリソースセンターでサポートされるようになりました。ウェブサイトのUIにRTL言語を使用している場合、リソースセンターで該当する言語を選択すれば、リソースセンターでも、レイアウト、テキスト、バッジ、アラートバッジなどの要素がウェブサイトで表示されるテキスト方向で表示されるようになります。詳細については、リソースセンターで右から左に読む言語を使用するを参照してください。

2023年6月

NPSテーマの回答へのクイックアクセス

メインのNPSテーマウィジェットでテーマを選択することで、そのテーマに割り当てられた回答にすばやくアクセスして確認できるようになりました。詳細については、NPSテーマを参照してください。

2023年5月

右から左に読む言語用のガイド設計

RTL言語で使用するガイドを設計できるようになりました。設計機能の詳細については、右から左に読む言語用のガイド設計をご覧ください。

CSSクラスをテーマに追加する

ガイドのコンテナレベルでガイドにCSSクラスを追加すると、アプリケーションのスタイルシートのスタイルを継承できるようになりました。これはテーマ内で実行されるため、このクラスを多くのガイドに適用できます。詳細については、PendoテーマテーマにCSSクラスを追加する方法セクションを参照してください。

NPSテーマ

NPSテーマを使用して、NPS応答をより迅速に整理・分析し、より実用的なインサイトを生成できるようになりました。テーマを使用して推奨者および批判者の共通点を特定し、回答をカスタムテーマに分類できます。これにより、大量のNPSデータを理解し、より迅速な分析を行うことができるようになります。詳細については、NPSテーマを参照してください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています