リッスンの最新情報

最終更新日:

リッスン(旧ディスカバー)のフィードバックとロードマップは、従来のプロダクトである「Pendo Feedback」やフィーチャーである「Feedbackロードマップ」とは異なります。従来のFeedbackおよびFeedbackロードマップでのリリースについては、Feedbackの新機能をご覧ください。

2024年6月

AIアシストによるサマリー

フィードバックビューのAIを活用したサマリーのUIが少し変更になりました。詳細については、フィードバックインサイトを表示するを参照してください。

お気に入りのロードマップ

[リッスン(Listen)]>[ロードマップ(Roadmaps)]のロードマップ一覧からロードマップをお気に入りに追加できるようになりました。スター列を使用して表を並べ替えたり、上部フィルターのスターアイコンを使用してお気に入りのロードマップのみを表示したりできます。これにより、最も重要なロードマップに簡単にアクセスできるようになります。ロードマップの詳細については、リッスンのロードマップを参照してください。

2024年5月

PendoディスカバーからPendoリッスンへのリブランディング

Pendoディスカバーは、ユーザーの声に耳を傾けるという弊社のコミットメントをよりよく反映するために、Pendoリッスンとしてリブランディングされました。

JiraとPendoリッスンのインテグレーション

Jiraインテグレーションにより、アイデアをJiraチケットに落とし込めるようになりました。これにより、リッスンですでに作成したフィードバックをエンジニアリングチケットの裏付けとして使用し、フィードバックと優先順位付けのプロセスを統一できます。詳細については、JiraとPendoリッスンのインテグレーションを参照してください。

2024年3月

CSVファイルのアップロードに関する問題を解決する

CSV形式でフィードバックをディスカバーにアップロードするプロセスに新しいステップが追加され、Pendo内でファイルを確認し、問題を修正できるようになりました。 手順については、フィードバックのソースを接続するを参照してください。

2024年2月

フィードバック項目をアイデアに一括リンクする

保存されたフィードバックビューで複数のフィードバック項目を選択し、それらをまとめてアイデアにリンクできるようになりました。 詳細については、フィードバック項目をアイデアにリンクするディスカバーでフィードバックを管理するを参照してください。

ディスカバーに送信する、投票とアンケート調査の回答のタイトルを自動的に作成する

フィードバック項目としてディスカバーに送信されるガイド投票の回答のタイトルを作成します。[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]でフィードバックのサマリーを有効にしている場合、作成された各フィードバック項目の回答の説明に基づいてタイトルが自動的に作成されます。詳細については、Pendoディスカバーの概要顧客フィードバックの収集を参照してください。

フィードバックソースを追加する

CSVのアップロードやガイドのインポート機能を使用して、フィードバックの回答を大規模にディスカバーに追加し、顧客対応チームがSalesforceからフィードバックを送信できるようになりました。詳細については、顧客フィードバックの収集を参照してください。

2024年1月

フィードバック項目をアイデアにリンクする(ベータ版)

提案されたアイデアを有効にすると、AIアシスタントが、ディスカバーのフィードバック項目にリンクする可能性のあるアイデアを提案できるようになります。リンクしている提案は承認または拒否できます。このAI機能をオンにするには、[設定]>[サブスクリプション設定]に移動し、[AI機能(AI Features)]の下の[提案されたアイデアを有効にする(Enable suggested ideas)]を選択します。詳細については、Pendoディスカバーの概要フィードバック項目をアイデアにリンクするを参照してください。

ロードマップにアイデアを昇格させる(ベータ版)

各アイデアの詳細パネル内の[アクション(Actions)]メニューから、アイデアをロードマップ機能に昇格できます。手順については、ロードマップにアイデアを昇格させるを参照してください。個々のアイデアから実行できるその他のアクションの概要については、アイデアの検証:機能の概要を参照してください。

2023年12月

アイデアに対するアクション

[ディスカバー(Discover)]>[検証(Validate)]の個々のアイデアの詳細から[アクション]メニューを開くと、アイデアの投票者からセグメントを作成する、回避策を追加する、フィードバック項目にリンクするなどのアクションを実行できます。 これらのアクションの概要については、検証でアイデアを管理するを参照してください。

フィードバック項目のリプレイを見る

セッションリプレイをご利用のお客様は、過去30日を対象期間として、訪問者がフィードバックフォームを送信したときのリプレイを再生できます。詳細については、ディスカバーでフィードバックを管理するの記事内のフィードバックの詳細を表示および編集するを参照してください。リプレイの詳細については、セッションリプレイの概要を参照してください。

2023年11月

第1四半期の開始月

タイムラインロードマップでは、第1四半期の開始月を選択して、ロードマップを計画サイクルに合わせることができます。タイムラインには各月が表示されます。詳細については、Pendoのロードマップおよびロードマップの作成と編集を参照してください。

今回のリリース以前に作成された既存のタイムラインロードマップにも開始月を追加できます。ウィンドウが開き、第1四半期の開始月が定義されていない既存のロードマップを開くと、月の入力が求められます。

2023年10月

アイデアの回避策で問題を解決する

アイデアに回避策を追加することで、顧客の問題解決や目標達成を支援できるようになりました。フィードバック項目とアイデアをリンクすれば、顧客は必要な回避策に関する最新情報をいつでも得られます。詳細については、検証でアイデアを管理するアイデアに回避策を追加するを参照してください。

現在、次、今後テンプレートのリリース

ロードマップの[現在、次、今後(Now, Next, Later)]テンプレートは、Engageのロードマップにアクセスできるすべてのお客様が利用可能です。詳細については、Pendoのロードマップおよびロードマップの作成と編集を参照してください。

2023年9月

ロードマップとバックログのエクスペリエンスに追加

ロードマップの右上にある[+ アイテムを作成(+ Create Item)]ボタンを使用するか、ロードマップのスイムレーン内から新しいアイテムをロードマップに追加できます。ロードマップの右上にある[バックログ]ボタンまたはロードマップのスイムレーン内から、バックログからロードマップにアイテムをドラッグアンドドロップして追加することもできます。詳細については、ロードマップの作成と編集を参照してください。

ロードマップのステータス

個々のイニシアチブまたはフィーチャーの右側の詳細パネルにあるドロップダウンメニューを使用して、ロードマップのイニシアチブおよびフィーチャーのステータスを設定できます。詳細については、Pendoのロードマップを参照してください。

現在、次、今後テンプレートのリリース(オープンベータ版)

ロードマップの[現在、次、今後](ベータ版)テンプレートは、Engageのロードマップにアクセスできるすべてのお客様が利用可能です。詳細については、Pendoのロードマップおよびロードマップの作成と編集を参照してください。

2023年8月

ロードマップテンプレート(クローズドベータ版)

カスタマイズ可能なロードマップテンプレートが完成しました。テンプレートには、[タイムライン(Timeline)][現在、次、今後]の2種類があります。タイムラインテンプレートはすべてのお客様にご利用いただけます。クローズドベータグループのお客様は、2種類のテンプレートをどちらもご利用いただけます。詳細については、Pendoのロードマップを参照してください。

2023年7月

アイデアテーブルからアイデアを削除する

検証の[アイデア(Ideas)]リストからアイデアを削除できます。削除するアイデアにカーソルを合わせ、行の最後にあるゴミ箱アイコンを選択します。[アイデア]リストの詳細については、検証でアイデアを管理するを参照してください。

アイデアを作成するための全画面表示

[検証]の[アイデア]タブからアイデアを作成すると、ページ全体にわたってフォームが表示され、すべてのフィールドが見やすくなります。具体的なスクリーンショットについては、検証(Validate)によるアイデアの作成とテストを参照してください。

2023年6月

シングルページビューでのアイデアテスト

マルチページビューと同様、シングルページビューでも、訪問者にアイデアを提示して投票してもらうアイデアテストを作成できるようになりました。シングルページおよびマルチページでアイデアテストがエンドユーザーにどのように表示されるのかについては、検証でアイデアを作成してテストするを参照してください。

2023年4月

投票者のための新しい「興味なし」オプション

検証で作成されたアイデアは、投票には必要(Must Have)あった方が良い(Nice to Have)興味なし(Not Interested)の重要度によって評価されます。詳細については、検証でアイデアを管理するを参照してください。これらの重要度レベルを、セグメントルールの定義として使用する方法については、検証でアイデアの投票者からセグメントを作成するを参照してください。

検証のアクセス許可を更新

検証の役割を、管理者(Administrator)Viewer(閲覧者)投稿者(Contributor)マネージャー(Manager)から選択できるようになりました。新規ユーザーはデフォルトで投稿者(Contributor)に設定されます。これには閲覧者(Viewer)権限が含まれ、アイデアの作成と削除、および自分の投票の追加と削除を実行できます。詳細については、検証でアイデアを管理するを参照してください。

2023年3月

新しいROIタブ

検証にROIタブが追加され、検証を使用した結果としての投資収益率(ROI)と、それが組織に与える影響を確認できるようになりました。詳細については、検証で投資収益率(ROI)を表示するを参照してください。

検証での投票行動に基づいてセグメントを作成

アイデア投票行動を、セグメントルールを定義するためのデータソースとして使用できます。投票行動に基づいてセグメントを作成する方法の詳細と手順については、検証でアイデアの投票者からセグメントを作成するを参照してください。

ロードマップの共有とエクスポート

ロードマップを社内ユーザーと共有し、そのユーザーに閲覧者(Viewer)または編集者(Editor)のアクセス権を付与できます。特定の人と共有することも、リンクをコピーすることも可能です。また、ロードマップを画像としてダウンロードし、顧客と共有することも可能です。詳細については、Pendo Engageのロードマップ機能を参照してください。

ロードマップ内のアイテムのサイズ変更

ロードマップ上のアイテムのサイズを変更することで、タイムライン上の必要な位置で開始・終了させることができます。これには、イニシアチブ内にネストされた個々のフィーチャーも含まれます。詳細については、Pendo Engageのロードマップ機能を参照してください。

ロードマップにアイテムを追加する際の操作性の一新

[+ロードマップに追加(+ Add to Roadmap)]ボタンを使用して、新しいフィーチャーやイニシアチブを作り、バックログからロードマップにアイテムを追加します。詳細については、ロードマップの作成と編集を参照してください。

2023年1月

ナビゲーションの変更

小さい画面を使用している場合は、左側のナビゲーションで[その他(More)]を選択し、ドロップダウンメニューから[検証(Validate)]を選択すると、[検証]ページが表示されます。

アイデアを検証する

Pendoでは、Pendo Engageの左側のメニューからアクセスできるベータ版として検証をリリースしました。これにより、プロダクトのアイデアを作成して投票を追加し、ターゲットユーザーからの実際の反応をキャプチャしてテストできます。詳細については、検証でアイデアを管理するを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています