クリックイベントプロパティ

最終更新日:

この記事では、Pendo Engageでクリックイベントプロパティを有効にして構成する方法について説明します。

クリックイベントプロパティは、カスタムイベントプロパティの一種で、フィーチャーのクリック中にUIの要素やイベントからデータを収集できます。これにより、コーディングやトラックイベントで追加のパラメータを収集することなく、アプリにタグ付けし、背景情報を取得することができます。クリックイベントプロパティでは、ターゲットオブジェクトとその値が収集されます。管理者は、CSSを使用してUI要素を収集するか、Javascriptを使用してオブジェクトとそのプロパティを収集することで、フィーチャーごとに最大5つのプロパティを追加できます。

クリックイベントプロパティデータは、ワークフロー中にページ上の変数やユーザーの選択内容が変化した場合に、ユーザーがクリックした背景を理解するために使用できます。よくある例としては、フォーム送信時にテキストフィールドやドロップダウンメニューの値を収集したり、検索バーでクエリ用語を収集して最もよく使用される検索用語を特定したり、カートに追加されたときに商品の名前やSKUを収集したりするなどがあります。

フィーチャーの詳細を表示すると、そのイベントに記録されているイベントプロパティの値にアクセスできます。また、セグメントデータエクスプローラのクリックイベントプロパティを使用すると、イベントプロパティフィルターとグループ化を使用して、共通の値で分析をフィルタリングまたはグループ化できます。

注:クリックイベントプロパティは、エージェントでテキスト収集が無効になっている場合でも、ユーザーが入力したテキストも含めてUIからテキストを収集することができるので、慎重に使用する必要があります。この情報は、ユーザーの行動を詳細に理解する上で貴重なものですが、個人を特定できる情報(PII)がUIに含まれている場合、セキュリティ上の問題が生じる可能性があります。Pendoがクリックイベントプロパティのデータを収集するのは、管理者ユーザーがタグ付けをした後であり、それまではデータ収集は開始されません。

要件

下記の手順に進む前に、以下の要件に注意してください。

クリックイベントプロパティがタグ付けされると、Pendoユーザーであれば誰でもクリックイベントプロパティを使ってセグメントを作成したり、データエクスプローラレポートを実行したりできます。サブスクリプションでは、トラックイベントプロパティを含む、最大10,000個の個別のカスタムイベントプロパティキーを持つことができます。

クリックイベントプロパティを有効にする

クリックイベントプロパティは、 [設定] > [サブスクリプション設定(Subscription Settings)]>[一般(General)]から有効化または無効化できます。この設定は、サブスクリプション内のすべてのアプリのクリックイベントプロパティを制御します。

EnableClickEvent.png

サブスクリプションを有効にするには、[有効にする(Enable)]を選択し、開示内容を読み、クリックイベントプロパティを有効にするかどうかを決定します。[理解しました(I understand)]と入力して確認し、[イベントプロパティを有効にする(Enable Event Properties)]を選択します。

Engage_SubscriptionSettings_ClickEventProperties_ConfirmEnable.png

有効になると、管理ユーザーは、Visual Designed Studio(ビジュアルデザインスタジオ)でフィーチャーにタグを付ける際に、クリックイベントプロパティにタグを付けることができます。

クリックイベントプロパティを無効にする

クリックイベントプロパティを無効にする必要がある場合は、[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]ページで、有効にする場合と同じ手順に従います。[クリックイベント属性プロパティ(Click Event Properties)]設定の横にある[無効化(Disable)]を選択し、確認ダイアログで[無効化]を選択します。この変更は、サブスクリプションのすべてのアプリに影響します。

CEPDisableButton.png

無効にすると、クリックイベントプロパティのデータ収集がすべて停止し、Pendo UIからクリックイベントプロパティが削除されます。ただし、以前に収集されたデータは引き続き表示されます。クリックイベントプロパティを再度有効にすると、データ収集と以前にタグ付けされたクリックイベントプロパティに対するアクセスが再開されますが、無効にしたクリックイベントプロパティに対する遡及分析は行われません。

:クリックイベントプロパティデータを永久に削除したい場合は、テクニカルサポートに連絡してください

クリックイベントプロパティを追加する

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でフィーチャーにタグを付けたり編集したりするときに、クリックイベントプロパティを追加できます。各フィーチャーに対して、最大5つのイベントプロパティをタグ付けすることができます。

  1. [プロダクト(Product)]>[フィーチャー(Features)]に移動し、[フィーチャーのタグ付け(Tag Features)]を選択します。
  2. アプリのURLを入力します。
  3. [並べてタグ付けする(Tag side-by-side)]または[オーバーレイでタグ付けする(Tag in an overlay)]のいずれかのタグ付けモードを選択します。
  4. [デザイナーを起動(Launch Designer)]を選択し、ビジュアルデザインスタジオを開きます。
  5. イベントプロパティを定義するフィーチャーがまだタグ付けされていない場合は、 [フィーチャーをタグ付け(Tag Feature)]を選択し、アプリで適切な要素を選択します。選択したら、ステップ4に進みます。より詳細なタグ付けのガイドラインについては、フィーチャーのタグ付けと表示を参照してください。
  6. イベントプロパティを定義したいフィーチャーがすでにタグ付けされている場合は、タグ付けされたフィーチャーのリストをスクロールするか、検索フィールドを使って該当するフィーチャーを見つけ、フィーチャー名にカーソルを合わせて編集アイコンを選択します。
    EditFeature.png
  7. ダイアログの下部で、[イベントプロパティ(Event Properties)]を選択します。
    EventPropertiesMenu.png
  8. 4. [+イベントプロパティ(+ Event Property)] を選択します。
    _EventProperty.png
  9. 収集したい属性の名前を入力します。これは必須フィールドで、すべてのアプリで一意である必要があります。以下に、命名に関するヒントをいくつか挙げます。
    CEPName.png
    • 名前には小文字、数字、またはアンダースコアのみを使用する必要があり、 __eventproperty__のように2つのアンダースコアで開始または終了することはできません。この形式では、エラーメッセージが表示されます。
      CEPNameError.png
    • 「Language Selector」のように複数の単語を使用しているフィーチャーは、「language_selector」と入力してください。
    • 異なるアプリで「country」のように同じ属性名を使用している場合、複数のアプリのデータを適切にレポートできるように、「app1_country」のように、イベントプロパティにはそのアプリに対応した固有の名前を付けるようにします。
  10. 次に、ソースにタグ付けします。CSSターゲティングを使用して値のプロパティを絞り込むか、[詳細(JS)(Advanced (JS))]を選択してJavascriptを使用し、プロパティを直接指定します。値にはタグ付けされたフィーチャーまたはターゲットのCSS要素で使用可能なプロパティのリストが表示されます。以下、いくつかのヒントを紹介します。
    • ブラウザの開発者向けコンソールの使用に慣れていない場合は、スタンダード(CSS)を使用して要素をターゲットにすることをお勧めします。このオプションを使用すると、入力フィールドなどの適切なプロパティを簡単に選択できます。カスタムCSSのタグ付けに関する詳細は、高度なフィーチャーのタグ付けを参照してください。
    • 実際のフィールドに何かを入力すると、正しい値を簡単に選択できます。値オプションには、そのオプションを選択した場合に収集される内容のプレビューが自動的に表示されます。
    • [値(Value)]や[内部テキスト(Innertext)]などの最も一般的に使用される値オプションは、リストの上部に表示されます。収集したいものに一致するプレビューを提供するオプションを選択します。
    • [要素の値を選択(Select a value for the element)]フィールドは、選択されたプロパティに対する修飾子をサポートしています。たとえば、innerTextは要素に含まれるテキストを返し、innerText.lengthを追加すると、テキストの文字数が返されます。
      Engage_Tagging_AddEventProperty.png
    • テキスト収集の一般的な要素の値は、innerTextまたはtextContentです。
  11. プレビューを表示して、選択した属性によって収集された値の例を確認します(その時点でVisual Design Studioに表示されている場合)。
    CEPTaggedEventProperty.png
  12. [適用(Apply)]を選択して、イベントプロパティを保存します。名前は、[フィーチャーを編集(Edit Feature)]ダイアログの[イベントプロパティ]の下に表示されます。
    CEP6.png
  13. フィーチャーに別のイベントプロパティを追加するには、上記のステップ5~9を繰り返します。最大5つのイベントプロパティがサポートされています。
  14. 必要なクリックイベントプロパティをすべて追加したら、[保存(Save)]もしくは[変更を保存(Save Changes)]を選択し、追加したイベントプロパティのデータ収集を開始します。
    CEPSaveChanges.png

注:サブスクリプションでは、トラックイベントプロパティを含む、最大10,000個の個別のカスタムイベントプロパティキーを持つことができます。

既存のクリックイベントプロパティを編集もしくは削除する

タグ付けされたフィーチャーを編集するときに、上記で確認したのと同じ[イベントプロパティ(Event properties)]セクションからクリックイベントプロパティを編集または削除できます。関連するイベントプロパティの横にある編集アイコンを選択して詳細を開き、必要な変更を加えます。

CEPEdit.png

関連するイベントプロパティの横にある削除アイコンを選択すると、永久に削除されます。削除されると、そのイベントプロパティはアナリティクスで利用できなくなります。

CEPDeleteButton.png

誤って削除した場合は、[元に戻す(Restore)]を選択すると元に戻すことができます。

CEPdelete.png

イベントプロパティを編集または削除した後は、[変更を保存(Save Changes)]を選択してフィーチャーを更新します。

イベントプロパティの種類を変更する

クリックイベントプロパティでは、文字列、数値、ブール値、時刻/日付の4つの異なるデータ形式がサポートされています。デフォルトでは、クリックイベントプロパティは文字列として収集されますが、重要なのはクリックイベントプロパティを適切に分類することです。適切に分類されていないデータを使用すると、正確なセグメントやレポートを作成できません。

ベストプラクティスは、新しくタグ付けされた属性を [設定]>[イベントプロパティ]でタグ付けした後、すぐに分類することです。

EventPropertiesSettings.png

すべてのカスタムイベントプロパティは、[イベントプロパティ]ページで検索および分類できます。イベントプロパティの名前を選択すると、それに関連付けられているフィーチャーまたはトラックイベントが表示されます。

イベントプ属性の種類を更新するには、テーブルで関連するイベントプロパティを見つけて、[タイプ(Type)]列で対応するドロップダウンメニューを選択し、ドロップダウンリストから正しい分類値を選択します。

CEPEventPropertiesDetails.png

警告:最初に正しいカテゴリを選択するようにしてください。カテゴリを変更すると、それまでに収集した属性データが上書きされます。属性に初めてタグを付けた直後に分類することをお勧めします。

クリックイベントプロパティを含むセグメント

フィーチャーのクリックイベントプロパティにタグ付けした後、セグメントクリックイベントプロパティを使用して、Pendoの任意の場所でセグメントルールビルダーを開き、必要に応じて名前可視性を更新することができます。

  1. [ルールを追加(Add Rules)]を選択し、[フィルター条件][フィーチャー]を選択します
  2. [フィーチャーを選択]ドロップダウンメニューを開き、クエリを実行するクリックイベントプロパティに関連付けられているフィーチャーを選択します。
  3. クリック数を指定します。一定期間内にそのフィーチャーを操作したすべての訪問者をセグメント化する場合は、1以上に設定します。
  4. フィーチャーがクリックされた日付範囲を指定し、 [+イベントプロパティを使用(+ Use Event Property)]を選択します。
  5. ドロップダウンメニューから[イベントプロパティ]を選択し、[オプションを選択(Select Option)]ドロップダウンメニューから適切な値を選択します。
  6. [セグメントを作成(Create Segment)]をクリックしてセグメントを保存します。

Engage_Segments_ClickEventProperty.png

注:データエクスプローラでイベントプロパティデータを使用する方法については、イベントプロパティデータエクスプローラに関する記事を参照してください。

よくある質問

クリックイベントプロパティとトラックイベントプロパティの違いは何ですか?

クリックイベントプロパティとトラックイベントプロパティでは、関連付けられているイベントの種類が異なります。主な違いは以下のとおりです。

  • クリックイベント:[送信(Submit)]ボタンやメニュー選択などのフィーチャーのクリックに関連します。フィーチャーはビジュアルデザインスタジオでタグ付けする必要があります。フィーチャーをクリックした時点でプロパティが取得されます。
  • トラックイベント:APIコールやエラーなど、カスタムポイントインタイムイベントに関連します。トラックイベントは開発者が設定する必要があります。プロパティはプログラムで取得されます。トラックイベントの詳細については、トラックイベントを参照してください。

ガイドターゲティングに使用しているセグメントで、イベントプロパティを使用できますか?

現時点ではご利用いただけません。セグメントとガイドの対象について詳しくは、 セグメントをご覧ください。

クリックイベントプロパティは遡及的に分析できますか?

いいえ。トラックイベントプロパティと同様、Visual Design Studioがタグ付けを行うまで、クリックイベントプロパティは収集されません。これにより、機密データや個人データを除外して目的の属性を収集することができます。

 

この記事は役に立ちましたか?
12人中8人がこの記事が役に立ったと言っています