用語集

最終更新日:

A-B

用語 略語 説明
アカウント 訪問者のグループを表すPendo固有のデータ階層。詳細については、アカウントを参照してください。
アカウントレポート(Account report) 特定のアカウント訪問者がアプリケーションをどのように操作したかについてのインサイトを提供するレポートのタイプ。時間範囲、セグメント、テーブルデータをカスタマイズすることで、自分にとって最も重要なアカウント情報を表示できます。カスタムレポートを保存して、CSVにエクスポートすることもできます。
エージェント Pendoサブスクリプションに応じて、イベント収集、アプリ内ガイダンス、Feedbackモジュールを提供するpendo.jsファイル。これらのコンポーネントの詳細については、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドを参照してください。
アプリケーション アプリ 単一のプラットフォーム(例:ウェブ、iOS、またはAndroid)上でホストされる個別のウェブまたはモバイルアプリケーション。アプリケーションは1つのサブスクリプションにグループ化できます。詳しくは、マルチアプリサブスクリプションをご覧ください。
バッジ ガイドの作成時にアプリケーションの要素の横に配置するアイコン。バッジは、常時表示するとUIが乱雑になる、機能の補足説明を開くために主に使用されます。詳細については、ガイドのアクティベーションオプション– ビジュアルデザインスタジオを参照してください。

C-D

用語 略語 説明
クリックイベント 訪問者がアプリケーションの要素をクリックしたとき。クリックイベントは、訪問者がアプリケーションをどのように操作しているかを追跡するために使用されます。
正規名 CNAME サブドメインを場所にマッピングするドメイン名。詳細については、PendoのCNAMEを参照してください。
コンテンツ配信ネットワーク CDN サーバーとユーザーの間の物理的な距離を縮めることによって、ウェブコンテンツの配信の待ち時間を短縮する分散サーバー(ネットワーク) のシステム。ウェブコンテンツのキャッシュバージョンは、複数の地理的な場所(ポイントオブプレゼンス、PoP) に保存され、近接性に基づいて訪問者にコンテンツを配信します。
コンテンツセキュリティポリシー CSP クロスサイトスクリプティング(XSS)やデータインジェクション攻撃などの、特定の種類の攻撃を検知して軽減するための追加セキュリティレイヤー。詳細については、コンテンツセキュリティポリシー(CSP)を参照してください。
カスケードスタイルシート CSS HTML要素にスタイルを適用するために使用するマークアップ言語。Pendoでは、フィーチャーのタグ付けとガイドの配置にCSS構文を使用します。サポートされているセレクターの一覧については、フィーチャーのタグ付けでCSSセレクターを使用するを参照してください。
コアイベント アプリケーションで行われる特定のアクションで、価値の重要な指標として定義されたもの。サブスクリプション内のアプリごとに、最大10個のタグ付けされたフィーチャーページトラックイベントをコアイベントとして指定できます。コアイベントはPESの追跡に使用され、セグメントやレポートを作成する際には他のイベントとは別に一覧表示されます。
CSSセレクター スタイルを設定するコンテンツを選択するCSSルールセットの一部。Pendoは、要素のマッチングにCSSセレクターを使用します。
日別アクティブユーザー DAU 1日のアクティブな一意の訪問者数。WAUおよびMAUも参照してください。
データエクスプローラ イベントガイド、もしくはアプリのデータをクエリして、傾向や比較を視覚化することで、訪問者アカウントの行動の深いインサイトを得るためのカスタムレポートツール。メタデータによる使用状況の分類、セグメントや日付範囲の比較、イベントプロパティによるフィルタリング、数式の追加を行います。詳細については、データエクスプローラを参照してください。
データマッピング Pendo UIで、Pendoが分析に使用するデータの名前と型を確認できるページ。詳細については、Pendoにおけるデータマッピングとデータ型および訪問者とアカウントのメタデータ設定を参照してください。
デザイナー ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)を指す非公式用語。ビジュアルデザインスタジオはアプリ内デザイナーで、これを使用することでアプリケーション内でガイドを作成、編集したり、フィーチャーページにタグを付けたりすることができます。
デザイナー(クラシック) ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)に置き換えられた従来のアプリ内デザイナーの名称。
ドキュメントオブジェクトモデル DOM ウェブドキュメント(ウェブページ)用のプログラミング言語で、これによりウェブページの構造、スタイル、コンテンツを動的に変更できます。DOM内の各オブジェクトは、要素、属性、テキストなどウェブページの一部に対応します。詳細については、DOMの概要を参照してください。
DOMツリー DOMに基づいた、ウェブページの構造、スタイル、コンテンツの階層データ表現です。DOMツリーのルートはウェブページそのものを表し、その下の各ノードはウェブページの各要素の構造を表します。DOMツリー内の各ノードは、要素、属性、テキストオブジェクトなどのウェブページの一部を表します。

E-F

用語 略語 説明
要素マッチング CSSセレクターを介してアプリケーション内の要素をターゲットにして、フィーチャーにタグを付けたり、ツールチップガイドの場所とバッジの場所を選択したりできるようにする方法。
イベント Pendoが追跡および分析できるアプリケーションで訪問者が実行する特定のアクション。Pendoはこれらのアクションをイベントの生データとして収集し、アプリケーション内での訪問者の行動を追跡します。イベントには、クリックイベントフォーカスイベント読み込みイベントトラックイベントガイドイベントがあります。詳細については、イベントの概要を参照してください。
イベントのプロパティ イベントに関連付けられた詳細。レポートおよびセグメントのイベントプロパティを使用して、訪問者が時間の経過とともにアプリケーションをどのように使用しているかをターゲットにしたり分析したりできます。イベントプロパティには、グローバルとカスタムの2種類があります。詳細については、イベントプロパティを参照してください。
除外リスト セグメントの指標と計算からイベントを除外する、管理者が使用できるサブスクリプション全体の設定。詳細については、除外リストと包含リストを参照してください。
フィーチャー アプリケーションでタグ付けされたUI要素(ボタンやリンクなど)は、Pendo全体でセグメントファネルなどで使用されます。詳細については、フィーチャーのタグ付けと表示を参照してください。
フィーチャーのタグ付け(Feature tagging) Pendoがアナリティクスでフィーチャーとして識別する、アプリケーション内のUI要素を選択するプロセス。フィーチャーのタグ付けは遡及的であるため、必要になってからタグ付けを行ってもデータはすべて収集できます。詳細については、フィーチャーのタグ付けと表示を参照してください。
Feedback(クラシック) ユーザーフィードバックを一元化して優先順位を付けるように設計された、Pendoのツールのクラシックスイートの一部。詳細については、Pendo Feedbackの概要を参照してください。これはリッスン(Listen)のフィードバック収集ツールとは異なります。
フィードバック(リッスン) 保存されたテーブルビューで顧客フィードバックを管理できる、リッスンプラットフォームのページ。各フィードバックビューには、AIを活用したインサイトとハイレベルなトレンドが含まれます。
Pendo Feedbackにも同様のフィーチャーがありますが、リッスンのフィードバックページはこれとは異なります。詳細については、Pendoリッスンの概要を参照してください。
初回訪問 Pendoがアカウントまたは訪問者からイベントを初めて受信した日時。
フォーカスイベント アプリケーション内の要素をタブで移動するなど、訪問者がクリックせずに要素を操作するアクション。フォーカスイベントは、訪問者がアプリケーションにどのようにエンゲージしているかを追跡するために使用されます。特に、フォーカスイベントはアプリ滞在時間の計算に使用されます。
ファネル アプリケーション内で定義された一連のステップを訪問者がどのように移動したかを測定できるPendoの行動レポート。ファネルを使えば、訪問者がどのステップで離脱したかを明確にすることができます。詳細については、ファネルを参照してください。

G-H

用語 略語 説明
一般データ保護規則 GDPR (EU一般データ保護規則) 2018年5月25日より施行された、EUおよび欧州経済領域のデータ保護およびプライバシー規則を管理する規則。
ゴール

特定のページフィーチャートラックイベントについて、進行中または期間限定の使用目標を作成し、追跡します。クリック数や閲覧数、アカウント数訪問者数に基づいて目標を定義します。 詳細については、イベント目標を参照してください。

ガイド目標も参照してください。

ガイド 新機能のお知らせ、タスクの案内、ユーザーへの投票調査、ユーザーのオンボーディングなど、さまざまな用途で使用できるPendoのアプリ内メッセージ。ツールチップ、ライトボックス、バナー、ウォークスルー(マルチステップガイド)など、複数のタイプのガイドを用意しています。ガイドは、ページやページ内の要素に関連付けることができます。詳細については、ガイドの作成を参照してください。
ガイドイベント ボタンのクリックやフォームの送信など、ユーザーがガイドで行う操作。ガイドイベントは、ガイドステップの設定で構成される、特定のガイド関連の動作を収集します。
ガイド目標

ガイド目標は、 特定のガイドを閲覧した後の、特定のフィーチャーページ、またはトラックイベントの定着率を追跡することで 、ガイドの効果を測定します。詳細については、ガイド目標を設定するを参照してください。

履歴メタデータ(Historical metadata) 履歴メタデータを使用すると、訪問者またはアカウントに関連付けられた現在の値だけでなく、メタデータフィールドの過去の値を最大25個取得できます。この機能を使用すると、時間の経過に伴うメタデータ値の変化を追跡できます。詳細については、履歴メタデータを参照してください。

I-J

用語 略語 説明
アイデンティティ管理 アイデンティティ管理により、訪問者がアプリにサインインする前に実行したアクティビティと、識別された訪問者として実行したアクティビティが紐付けられます。詳細については、アイデンティティ管理を参照してください。
IDプロバイダー IdP

LDAPやActive Directoryなどのユーザーディレクトリに類似した、エンドユーザーのアカウントを管理するサービス。SAMLレスポンスをサービスプロバイダーに送信することでエンドユーザーを認証します。対応するサービスプロバイダーには、Google、Azure、Oktaなどがあります。

包含リスト 指定したサーバードメインからのみデータを収集する、管理者が使用できるサブスクリプション全体の設定。詳細については、除外リストと包含リストを参照してください。
ジャーニー ジャーニーは、訪問者がワークフローを完了するために実行する連続したステップの分析にのみ焦点を当てます。これらのジャーニーで、一般的なルート、完了時間、非効率性が浮き彫りになります。 詳細については、ワークフロージャーニーを参照してください。

K-L

用語 略語 説明
キーと値 関連付けられた2つのデータ項目のセット。キーは、対応する値を指す一意の識別子です。Pendoインストールスクリプトにカスタムのキーと値を追加して、訪問者アカウントから追加のメタデータを渡すことができます。
最終訪問 Pendoがアカウントまたは訪問者からイベントを受信した最新の日時。
レイアウト アプリケーションに展開されたガイドに適用できる形式。レイアウトでは基盤となるHTMLとCSSが非表示になるため、技術者以外のユーザーでもフォームフィールドインターフェイスでガイドを作成および編集できます。 詳細については、ガイドのレイアウトを参照してください。
リッスン 発見、検証、計画を継続的に行うためのPendoのプラットフォーム。フィードバックの収集、アイデアの作成および検証、ロードマップの策定が可能です。詳細については、Pendoリッスンの概要を参照してください。
読み込みイベント 訪問者がアプリケーションのURLを読み込んだときのイベント。ページビューイベントとも呼ばれる読み込みイベントは、アプリケーション内のタグ付きページへの訪問を追跡するために使用されます。

M-O

用語 略語 説明
月間アクティブユーザー MAU 1か月のアクティブな一意の訪問者数DAUおよびMAUも参照してください。詳細については、月間アクティブユーザー(MAU)を参照してください。
メタデータ 他のデータに関する情報を記録および提供するデータのセット。Pendoはアカウント訪問者レベルでメタデータを保存します。詳細については、訪問者とアカウントのメタデータ設定を参照してください。
最新のブラウザ ユーザエージェントがブラウザから収集するデータで、ブラウザ名、ブラウザのバージョン、オペレーティングシステムの情報が含まれます。
最新のサーバー 訪問者が最後に送信したイベントに関連付けられたURLから解析されたサーバー名。
ネットプロモータースコア NPS 顧客ロイヤルティと全体的なユーザー満足度の一般的な指標。NPSは長期的に測定することができ、プロダクトの比較に利用することができます。詳細については、NPS指標を理解するを参照してください。
アクティブな日数 日付範囲内で、訪問者またはアカウントイベントを1つ以上含む日の合計日数。
イベント数 Pendoに取り込まれるすべてのイベント(クリック数、読み込み数など)の合計。アプリ滞在時間は、アクティビティの良い指標になります。
組織   Pendoサブスクリプションをグループ化するために使用される、サブスクリプションレベルより上の設定レベル。組織設定は、サブスクリプション間で共有される機能を制御します。詳細については、組織設定の概要を参照してください。

P-R

用語 略語 説明
ページ 閲覧数を追跡するためにPendoでタグ付けしたURL。Pendoのページは複数のURLを収集できます。詳細については、ページのタグ付けと表示を参照してください。
ページのタグ付け(Page tagging) Pendoがアナリティクスでページとして識別する、アプリケーション内のURLを特定するプロセス。ページのタグ付けは遡及的であるため、必要になってからタグ付けを行ってもデータはすべて収集できます。詳細については、ページのタグ付けと表示を参照してください。
パス 訪問者が特定のページフィーチャー、もしくはトラックイベントの操作の前後に実行した一連のアクションを視覚的に表現したPendoの行動レポート。パスは、ユーザーがどのようにアプリを操作しているかを把握するのに役立ちます。詳細については、パスを参照してください。
Pendoアカデミー Pendoのお客様がPendoのプロダクトとプロダクト主導型になるためのベストプラクティスを学ぶことができるウェブサイト。オンデマンドコース、ライブクラス、および認定の機会を提供します。詳細については、academy.pendo.ioを参照してください。
投票調査 ユーザーからフィードバックを収集するために、ガイドに追加できる訪問者の意見のアンケート。利用可能な投票とアンケート調査の種類には、多項選択式、自由記入式のフィールド、はい/いいえ、数字による選択肢、NPS(ネットプロモータースコア)などがあります。詳細については、ビルディングブロックを使用してガイドコンテンツを追加するを参照してください。
処理 Pendoがそのフィーチャーやページに基づいて過去のイベントを遡及的に検索し、再分類する間に、新しく作成または編集されたフィーチャーページに対して与えられるステータス。フィーチャーやページが「処理中」になっている時間は、Pendoにあるデータの量によって異なります。
プロダクトエリア アプリケーションの部分ごとにアナリティクスやフィードバックをフィルタリングするために使用される、アプリケーションの中核部分を表す具体的な場所。詳細については、プロダクトエリアを参照してください。
プロダクトエンゲージメントスコア(PES) PES プロダクトの健全性を把握するためのPendo固有の指標。これは、ユーザーエンゲージメントに関連する3つの指標(定着率、粘着性、成長)を組み合わせたものです。詳細については、プロダクトエンゲージメントスコア(PES)を参照してください。
リソースセンター ユーザーがアプリのバッジから開くことができる、カスタマイズ可能なメニュー。 リソースセンターでは、公開されたガイド、サポート記事、お知らせなどのコンテキストヘルプにオンデマンドでアクセスできます。詳細については、リソースセンターの概要を参照してください。
リテンション Pendoにおけるリテンションとは、ユーザーの再訪率を長期的に追跡したものを指します。 リテンションレポートは、訪問者の最初の操作に基づいてコホートを分析し、初回利用別のリテンションダッシュボードウィジェットは、イベントの初期の使用がリテンションに及ぼす影響を平均レートと比較して分析します。 詳細については、リテンションおよび初回利用別のリテンションウィジェットを参照してください。
ロードマップ(従来のPendo Feedback) プロダクトのビジョンを可視化し、社内のチームと共有するためのコミュニケーションツール。これはリッスンロードマップに置き換えられました。
ロードマップ(リッスン) リッスンプラットフォームの1ページで、フィーチャーや取り組みをマッピングして、プロダクトデリバリーを計画し、同僚と共有することができます。これは、従来のFeedbackロードマップをベースにした、リッスン固有の充実したフィーチャーです。詳細については、Pendoリッスンの概要を参照してください。

S-T

用語 略語 説明
サンプルグループ 一意の訪問者ごとにランダムに自動的に割り当てられる0~99の整数値。このフィールドは、訪問者がアプリケーションに最初にアクセスしたときの母集団をサンプリングするためのセグメントで使用できます。
セキュリティアサーションマークアップ言語 SAML IDプロバイダー(IdP)サービスプロバイダー(SP)との間で認証や承認に関するデータを交換するために使用される、XMLベースの規格。SAML規格は、SSOソリューションに固有の問題を解決します。
セグメント プロダクトの使用状況やメタデータに基づいてフィルタリングされたアカウントまたは訪問者のグループ。セグメントを使用して、特定のユーザー集団をガイドの対象にすることもできます。詳細については、セグメントを参照してください。
サービスプロバイダー SP 通常、Pendoなどの一企業であり、通信、ストレージ、プロセシング、その他のサービスを組織に提供します。
セッションリプレイ(Session Replay) ウェブアプリでのユーザーの操作を確認できるPendoのセッションリプレイプロダクト。これにより、視覚的な観点とデータの観点の両方からユーザーの行動に関するインサイトが得られます。詳細については、 セッションリプレイの概要を参照してください。
シングルサインオン SSO ユーザーがIDプロバイダー(IdP)に一度サインインするだけで、都度サインインせずに複数のシステムにアクセスできるようになるシステム。ユーザーは一度のサインインで、ファイアウォールの内側とクラウドにあるすべてのウェブアプリケーションにアクセスできます。これにより、アクセス管理がSAML管理者に一元化されます。
スニペット 再利用可能なソースコード、マシンコード、またはテキストの小規模リージョンを表すプログラミング用語。Pendoの自社アプリへのインストールでは、アプリケーションのすべてのページに存在するテンプレートに短いJavascriptスニペットを挿入する必要があります。このスニペットは、インストールスクリプトと呼ばれるJavaScriptファイルをCDNから安全に、かつ非同期的で、読み込むことができます。
ソフトウェア開発キット SDK モバイルアプリケーション用のPendo SDKは、開発者がアプリを計測し、ユーザーの操作やフィーチャーの使用状況、その他の関連する指標のデータを収集するためのツールを提供します。 このデータをPendoプラットフォーム内で分析することで、ユーザーの行動に関するインサイトを得て、モバイルアプリのユーザー体験向上のためのデータ主導の意思決定を行うことができます。 詳細については、モバイルSDKのデータ収集を参照してください。
ステージング 公開前のガイドのステータス。ステージング中のガイドは、特定のウェブアプリケーションサーバーのホスト名またはドメインにのみ表示されます。(たとえば、preview.example.com、*.qa.example.com、demo.example.comのみに表示されます)。
サブスクリプション 1つのプランまたは契約で1つ以上のアプリケーションにアクセスできるPendoアカウント。すべてのサブスクリプションには、デフォルトのウェブアプリケーションがあります。
クロスドメインのアイデンティティ管理用システム SCIM アプリケーションレベルのプロビジョニングプロトコルを使用して、複数のドメインでユーザーID情報を安全に管理するためのオープンスタンダード。SCIMは、ユーザーとグループを表す定義済みのスキーマと、それらのユーザーとグループのリソースに対して操作を実行する方法を提供します。
タグ付け アナリティクスを目的として、Pendoで追跡する要素やURLを定義するプロセス。Pendoでフィーチャーページを「タグ付け」すると、Pendoはそれらのタグに基づいてアナリティクスを行います。詳細については、ビジュアルデザインスタジオによるタグ付けを参照してください。
アプリの滞在時間 訪問者データでは、各訪問者がアプリで費やした時間(分単位)。ページの読み込み、フォーカス、クリックなどのアクティビティ(イベントを参照)が、1分経過するごとにカウンターに加算されます。ユーザーがサイトを操作していない場合、その時間はカウントされません。対応する訪問者の滞在時間(分単位)は、アカウントデータに加算されます。詳細については、ページおよびアプリ滞在時間の計算を参照してください。
トラックイベント エラーやAPIコールなどのカスタムポイントインタイムイベントをプログラムで取得するイベントタイプ。詳細については、トラックイベントを参照してください。

U-Z

用語 略語 説明
検証 アイデアの作成、比較、テスト、優先順位付けができるリッスンプラットフォームのページ。アイデアを特定の顧客フィードバックにリンクさせたり、アイデアの回避策を提供したり、アイデアからセグメントを作成したり、アイデアをロードマップの項目に昇格させたりすることもできます。詳細については、Pendoリッスンの概要を参照してください。
訪問者 アプリケーションを訪問する一意のエンドユーザー。この訪問者は、1つ以上のアカウントに所属させることができます。 詳細については、訪問者を参照してください。
訪問者レポート(Visitor report) エンドユーザーがアプリケーションをどのように操作したかについてのインサイトを提供するレポートのタイプ。時間範囲、セグメント、テーブルデータをカスタマイズすることで、最も重要な訪問者情報を表示できます。カスタムレポートを保存して、CSVにエクスポートすることもできます。
ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio) ページや フィーチャーにタグを付けたり、ガイドの位置やスタイルを設定したりするためのPendoのインターフェース。 詳細については、ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)によるタグ付けビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)を使ってガイドを作成するを参照してください。
週間アクティブユーザー WAU 1週間のアクティブな一意の訪問者数。DAUおよびMAUも参照してください。
What You See Is What You Get WYSIWYG 画面上のコンテンツ(テキストやグラフィック)が、印刷物、ウェブページ、またはプレゼンテーションスライドなどの完成品として表示されるときの外観にほぼ対応した形で表示されるエディターシステム。
ワークフロー 訪問者がアプリ内で期待されるタスクの進捗を追跡するために使用するPendoの行動レポート。ワークフローは、開始から終了までの完了率を特定し、さまざまなアプリケーションの進捗状況を監視したり、特定の訪問者セグメントの完了パターンを分析したりするのに役立ちます。 詳細については、ワークフローを参照してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています